42歳の借金返済

40代男性の社会的地位では中堅として係長、課長上手くいけば部長といった管理職についているイメージも多いかと思われます。また家庭をもち家族の大黒柱として稼ぎ頭として仕事にもやりがいを感じている人もいるようです。しかしその反面今の職場に不満を感じ最終決断として転職を検討している人もいるようです。

そんな働き盛りのサラリーマン42歳では借金返済に奮闘している人も少なくないようです。40、41、42、43、44、45歳の男性の平均年収は約520万ほどとなっており、一家を養うには到底、ギリギリの生活が目に見えています。そこで持ち家ではなく子どもが小さく妻がまだ働ける状況でない場合ではすでに赤字ということも考えられるようです。

また転職した際には当面の収入もないわけですので貯金を崩しながら生活しなければなりません。そして男性の場合では中堅の立場として上司や後輩との付き合いもあり、お小遣いが足りない状況として一時的に借入をするケースも珍しくないようです。

マイホームの購入はしたものの住宅ローンの負担で家計が苦しく、その足しにとクレジットカードでの借入をする主婦もまた増えているようです。ギャンブルや游興費によって借金を重ねる人もいますがこの40代の借金返済の理由は家庭と大きく関わることも多いようです。

42歳、債務整理で借金問題解決!

多重債務となり不安な日々を過ごしている方は現在、働きながら借金を返済している人も多いのではないでしょうか。しかし複数の貸金業者から借入をしていれば利息だけを支払うことで精一杯で元金が減ることがなく結局は借金が膨らみ最終的には支払い不能状態となってしまうこともあります。

そのため早急な対策が必要となり法的手段の任意整理により利息を引き直し無理のないように返済していく方法を選択することも考えられます。また個人再生ではマイホーム購入により住宅ローンがある場合でも自宅を残しローン以外の債務を大幅にカットすることができ再生への道へ踏み出すことができるとしています。

そして自己破産という選択肢もありますが、それは最終的な手段として家庭をもっているならなるべくなら避けたい方法でもあります。どのみち債務整理にはメリット、デメリットがつきものとし、一人で解決しようと思わずに手遅れになる前に専門家でもある弁護士、司法書士に相談することをおすすめします。

自力で借金返済!40代でもできる?

サラリーマン、主婦、OL様々な立場の42歳においても借金は債務状況や現在の収入において自力で返済することももちろん可能としています。副業として収入を得ることができれば仕事の休日を活かし働くこともできパート、アルバイトとしても多重債務、多額でなければ法的手段をとることなく返せるのではないでしょうか。しかしそれには自分の体力や時間も問題としていますが、体を壊してしまえば元も興もないので無理のないように返済していきたいものでもあります。