自己破産手続きに必要な期間とは?

MIMIYAKO85_sunahamaumeru20140726_TP_V

H15年にはおよそ25万件の破産件数としていましたが昨今では自己破産の件数は減少はしているものの借金で苦しんでいる人は多く存在しています。負債額の多少に関わらず借金返済が支払い不能状態となった際には人生の再出発として法的手段とした債務整理は有効でもあり、自己破産は最終手段としています。

自己破産の最大のメリットは債務を全額免状となり、今後返済しなくてもよいことにあります。その反面として多くのものを失うことも覚悟しなければいけない方法でもあります。自宅や不動産、財産をを所持していれば債権者への分配として換金され最低限生活に必要なお金、物、家財道具を除いては失うこととなります。

元々、財産を保有していない場合では何も失うものはなく借金がなくなりますので今後新たな再生の1歩を踏み出すことも期待できるとしています。しかしギャンブルや浪費、游興費など他、免責不許可理由として認められない場合があり、注意すべき点も多々あるようです。

またこの自己破産は経済的に破綻しており支払い不能状態に陥っている状況のみの方ができることになっており、今月は急な出費があり借りていたお金を返す事ができないからと言って簡単に行うことはできませんので要注意でもあります。

そこで自己破産手続きに必要な期間はどれくらい?と気になる人もいるのではないでしょうか。ここではどのような手順で借金がなくなるとするのか説明していきたいと思います。現在、借金で苦しみ不安な日々を過ごしている方は今後の再生への道としての参考にしてみて下さいね!

自己破産の流れを簡単に教えます!
  1. 法律のスペシャリストでもある弁護士、司法書士に依頼する。
  2. 地方裁判所へ破産手続きと免責の申し立てをします。
  3. 本人か代理人が呼ばれ原因について審問されます。
  4. 破産手続開始決定後、財産が少ない場合には同時廃止となり審理されます。そして裁判所において免責の許可がおり晴れて借金はなくなります。しかし場合によっては不許可事由で却下されることもあります。
  5. マイホームや換価価値がある時は管財人が選任されます。それによって負債者の財産は換金され債権者へ分配されます。その後借金の支払い義務がなくなり免除となります。

専門家に依頼することで自己破産の手続から債務免状と決定されるまでの期間は、債務者の事情や借金状況によっては異なりますが、早ければ3ヵ月とし平均的には3ヵ月~6ヵ月程度としています。しかし換価価値の存在がある場合や本人で行う場合には解決するまで1年以上必要となる場合もありますので覚悟しときましょう。