公務員で債務整理するとまずい?

freee151108559220_TP_V近年では複数の賃金業者から借入をし多重債務となる方は若い年代から高齢者までいます。その中には様々な職業としていますが公務員の方も例外ではないようです。安定した収入に倒産がない職業でもあることから一見すると借金とは無縁のように思われますが、意外にもそうではないようです。

社会的信頼がありますので借入審査が通りやすく多額な金額でも借りることができます。ですので意外にも公務員の方で多重債務に陥ってしまう方も見られるのが現状でもあるようです。そこで職場に知られたらクビになってしまう?また債務整理するとばれてしまう?何かまずいことでもあるのか?不安に立たされている人もいるのではないでしょうか。そこでここでは公務員の債務整理の注意点や失敗しないための方法など紹介したいと思います。

共済組合の借入がポイント!

公務員の方では共済組合に様々な理由としてマイホームを建てたり、子どもの教育費などを理由にお金を借りている人は多くいるようです。ですので現在、借金の返済が困難としている場合では任意整理を検討するのが妥当でもあります。

特に職場にばれるのを恐れている人もいるとして、任意整理であれば債権者を選択し債務整理を行うことができますので、組合を抜かすことで知られずに借金の返済が可能としています。また公務員という職業ですので今後も安定した収入が見込めますのでスムーズに交渉も可能としています。

公務員が個人再生、自己破産したら?

任意整理では回避できない借金問題の場合では組合の借入がない場合では一般の方と同じような個人再生、自己破産のメリット、デメリットがあるとし、職場に内緒で借金整理することは可能としています。しかし共済組合にお金を借りていたとなると裁判所からの通知が届きますので内緒で債務整理をすることは難しくなります。

そのため仕事を辞めるべきと勝手に思いこんでしまう人もいますが、借金が原因で退職させられることはありませんので自身がしっかり気持ちをもつことが大事となります。それが原因で異動や降格、嫌がらせなどがあれば違法行為として訴えることもできますし、堂々とした態度をみせるべきでもあります。

法律の専門家に相談する!

公務員の方でも債務整理を一人で行うこともできるとし、それには費用を最小限に抑えることもできますが多くの時間、労力がかかり間違った選択となることも考えられます。そのためまずは借金整理に強みを持つ弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。その手のスペシャリストでもありますので多くの実績をもちまた公務員という職業の方の救済としての経験もあります。

そこで今の借入の状況や収入、立場などで最も最善の方法を提案してくれ、再生の道を踏み出すことが期待できるとしています。すでに現在支払いが困難としている方は直ぐにでも話を聞いてもらいましょう。公務員の債務整理は安定した地位と収入が強みとも言えますが逆に不安となることも多くあると思いますがそれは一般のサラリーマンの方でも同様でもあります。ですので一人で悩み抱えるだけでは問題は解決しませんので早めの対策が必要となります。