任意整理の手続きに必要な期間とは?

現在、借金を抱え支払いが困難としている場合では任意整理といった債務整理の法的手段をとることで、早くに借金問題を解決することが期待できるとしています。裁判所を通すことなく他の方法よりも必要な書類が少なくすむとして近年においてはその手続きを利用する人も増えているとしています。

そこで任意整理の手続きにはどれぐらいの期間が必要なのか気になるところでもあります。そこで法律の専門家に依頼することでおよそ3ヵ月程度はかかるものとしています。受任してから債権者との交渉、その後和解することで今後の返済計画に沿って借金を返していくこととなります。しかし交渉によっては長引く場合もありますので任意整理の手続き期間は最終的に6ヵ月を目安に考えておくとでこれからの再生の計画や見直しが立てられるとしています。

ここでは任意整理の手順を簡潔に説明したいと思います。現在、多重債務や借金に苦しんでいる方は一つの問題解決の手段として参考にしてみて下さいね!

その前に任意整理って何?

利息制限法に基づいて引き直し計算をし債務額から利息を引くことで返済額が決まります。将来にかかる利息も免除となりそれを債務者の生活や収入において無理のないように分割にして支払うことになります。利息が高ければ、元金がなかなか減ることがなく利息をカットすることで返済可能としていきます。借金の返済が困難な状態ではあるものの一定の収入を得ているかどうかも対象となります。

デメリットとしては完全に借金がなくなるわけでもなく、ブラックリストに記載されることで一定の期間はお金の借入ができないことがあげられます。

法律専門家に依頼した場合の任意整理の流れ
  1. 弁護士、司法書士の法律専門家に依頼する
  2. 債務調査を行い借金の総額や何社からの借入かを明確にします。
  3. 任意整理案の作成!引き直し計算によって債務の残額を確定してそれを分割か一括弁済にするか決めます。一括の場合は周りの家族や親せきなどに援助してもらい全額支払うことが出来る場合におこないます。それが無理な時には分割で返済していきます。受任してから債務者が無理なく支払えるように計画をたてるまでにはおよそ1~2ヵ月間を必要とします。
  4. 貸金業者との交渉が始まります。本人で行うよりも早くに承諾を得ることができ和解交渉に至るまで3~6ヵ月を必要とします。
  5. 債権者への返済が開始され、それと同時に依頼した際の報酬もを支払うことになります。また一括で払えない場合には分割での支払いも可能となっています。